節税対策

節税とは何か?

はじめに、最も基本的な「節税とは何か」ということを理解しておきましょう。


たとえば、あなたが自動車を持っているとしましょう。


自動車を持っている場合、所有者であるあなたは税金(自動車税)を支払う必要がありますが、車種により納めるべき額に違いがあります。


軽自動車は大型自動車と比較して税金の費用負担額は少なくなるといった具合です。


それゆえ、あえて軽自動車を選ぶことで、納める税金を安くするといった考え方が可能でしょう。


国家や地方公共団体がスムーズに仕事するためには、わたしたちが納める税金が欠かせないものとなります。


面倒臭い・わずらわしいと思ったり、しぶしぶ支払っているという人がいるかもしれませんが、本来、わたしたちには税金を納める義務が法律で取り決められています。


日本国憲法第30条では、「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う」と納税の義務について定めるとともに、国民に納税の義務を課したものとして国家による徴税の根拠となっています。


義務だからといって必要以上に支払わなければならないということはないです。


現実に企業などでは、支払う税金を低くするための取り組みが盛んに行われています。


税金を支払う納税者にとり、自らに有利な選択をすることは、法律が許す範囲内であれば認められており、違反さえしなければ良いのです。


これが節税ということになりますが、企業だけに関わりがあるというわけではありません。


わたしたちの身近な暮らしの中においても節税が可能なシチュエーションは数多く隠されているのです。


わからない点は、本やインターネットで調査したり、税務署、税理士、公認会計士といった専門家と話し合ってみるといいでしょう。


節税について知識をいっぱい習得することにより納税にかかる費用負担を減らし、納税がスムーズにできるようになりましょう。